女性不妊の診断方法

公開日: : 男女の診断

不妊治療が流行っている

赤ちゃんが欲しいと思っていても、無事に妊娠する事ができなければ子供はできません。

最近では、不妊治療に励む女性も少なくなくなってきています。

受精卵を作るにもタイミングや正常なホルモンバランスが必要不可欠になってきます。
それらが正常でなければ、妊娠成立に関しての条件が備わずに、無事に受精卵を作る事ができないのです。

不妊治療をしていけば必ず赤ちゃんができるというように保障されているわけではありません。
そのため、何年も不妊治療をしていても、なかなか子供ができないというご夫婦の方も多いです。

不妊治療にも費用がかかりますし、双方に理解してよく話し合っていかなければならない問題です。

検査を行うタイミング

女性が不妊かどうか診断する時には、いくつか方法やプロセスがあります。

例えば、月経前に検査したり、黄体期、停滞期に検査する方法です。

これらの方法で検査していく事で、その女性の身体に不妊原因があるかどうかが分かります。

神奈川レディースクリニックでは、不妊に関してお悩みがある女性に対してご相談や診断を受け付けています。

30代の方で妊娠したいと思っている方や、2年間も妊活していても、なかなか子宝に恵まれないという女性たちを対象としています。

まずは基礎体温

排卵前には、必ず基礎体温をつけるようにしましょう。
それをもとにして、不妊診断を進めてもらう事ができます。

女性には、低温期と高温期というものがあります。

基礎体温をつける事によって、この二つの時期を特定する事ができますし、きちんと生理の時に排卵しているかどうかを診る事ができるのです。

関連記事

no image

男性不妊の診断方法

男性にも原因がある場合がある 「不妊治療」と聞くと、女性がつらいイメージだったり、女性に問題がある

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
女性不妊の診断方法

不妊治療が流行っている 赤ちゃんが欲しいと思っていても、無事に妊娠す

no image
男性不妊の診断方法

男性にも原因がある場合がある 「不妊治療」と聞くと、女性がつらいイメ

no image
妊娠が成立する5つの条件

妊娠には条件が必要 最近は、不妊症を克服するためにも不妊治療に励む方

no image
妊娠と不妊症について① 基本~妊娠の定義~

妊娠とは何か 新しい生命が生まれる時には、女性と男性が性行為によって

→もっと見る

PAGE TOP ↑