男性不妊の診断方法

公開日: : 男女の診断

男性にも原因がある場合がある

「不妊治療」と聞くと、女性がつらいイメージだったり、女性に問題があるようなイメージもありますが、そうとも限らず、男性に不妊原因がある場合もあります。

そのため、男性も女性と同じように、不妊診断を受けるべきだと言える時もあります。

また、カップル両方ともに原因がるケースも多いです。WHOの統計結果によりますと、男性のみに問題があるケースが24%、女性のみのケースが41%、原因不明が11%という結果になっています。

カップル双方に原因があるケースは24%にも上るという事で、これは極めて高い傾向にあると言えます。このような場合には、双方で不妊治療をしていかなければならず、両方の方が診断をしていく必要があります。

男性不妊の診断方法の例

男性がする不妊検査としては、血液検査や尿検査、精液検査をするという事が一般的です。

男性の不妊原因には何があるか

男性側に不妊の原因がある場合は、いったいどんな事が原因になっているのでしょうか?

例に挙げられるのは、射精障害や泌尿器科の問題、勃起障害や染色体異常というものがあります。

また、原因不明という場合もあり、いくら不妊治療をしても治らないという事もあります。

精子の生命力も大事

健康体な男性であれば、精子も比較的元気で受精に適していると言えますが、男性側も年を重ねてしまいますと、精力が減退してきて勃起障害になってしまったり、あるいは性欲はあっても、精子の寿命が短く、卵管に到達する前に死んでしまうという事があります。

こうなってきてしまいますと、いくら頻繁に妊活をしていたとしても、精子は卵子と出会う事ができず、無事に妊娠を成立させる事はできないのです。

関連記事

no image

女性不妊の診断方法

不妊治療が流行っている 赤ちゃんが欲しいと思っていても、無事に妊娠する事ができなければ子供はできま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
女性不妊の診断方法

不妊治療が流行っている 赤ちゃんが欲しいと思っていても、無事に妊娠す

no image
男性不妊の診断方法

男性にも原因がある場合がある 「不妊治療」と聞くと、女性がつらいイメ

no image
妊娠が成立する5つの条件

妊娠には条件が必要 最近は、不妊症を克服するためにも不妊治療に励む方

no image
妊娠と不妊症について① 基本~妊娠の定義~

妊娠とは何か 新しい生命が生まれる時には、女性と男性が性行為によって

→もっと見る

PAGE TOP ↑