妊娠と不妊症について① 基本~妊娠の定義~

公開日: : 妊娠について

妊娠とは何か

新しい生命が生まれる時には、女性と男性が性行為によって受精卵を誕生させなければいけません。その受精卵が確率しますと、女性は妊娠するようになります。

しかしこの妊娠するまでには、卵子と精子の結合が無事になされる必要があり、タイミングなども密接に絡んでおり、奇跡的な事という事もできるのです。

妊娠が成立するまでの基本的な流れ

子宮内膜を覆っている「子宮内膜」は、その周期ごとに状況が変化してきます。

女性が正常に妊娠態勢に入りますと、この子宮内膜症はだんだんと厚みを増して、柔軟になってきます。

卵巣に関しては、卵子を包んでくれる卵胞が成長して育っていきます。

これが正常に成長していき、熟しますと卵巣の壁を破って卵子が外に放出されます。これがいわゆる「排卵」にあたります。この卵子は次に卵管へ行きます。ここで精子との受精を待つのです。

奇跡的にここで卵子と精子が合致しますと、無事に「受精卵」となります。とはいっても、卵子と精子にもそれぞれ寿命がありますので、タイミングによっては受精卵とならない場合もあるのです。

そして受精した卵である受精卵は分裂を繰り返していくのですが、これを特に分割と言います。

分割が進んだ受精卵は、「胚」と言います。

この胚は、分割を進めていきながら、卵管内を移動っしていき、4~5日かけて子宮に到達します。

無事に子宮にたどりついた胚は、子宮内膜に入り込み、子宮内に取り付きます。これを「着床」と言います。

女性によっては、この着床によって「着床出血」が起こる事があり、通常の生理と勘違いしてしまう事もあります。

この着床に成功した後、無事に妊娠が確定するのです。

妊娠までの流れの総まとめ

以上の要点をまとめていきますと、妊娠するまでには、排卵、受精、分割、着床というプロセスが必要不可欠であるという事が分かります。

この過程全てをクリアしていかなければならず、どれか一つでも欠けてはいけません。

女性ホルモン、男性ホルモンの状態や、タイミングなども密接に関連し合いながら妊娠は成立していくのです。

関連記事

no image

妊娠が成立する5つの条件

妊娠には条件が必要 最近は、不妊症を克服するためにも不妊治療に励む方が増えていますが、これは、妊娠

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
女性不妊の診断方法

不妊治療が流行っている 赤ちゃんが欲しいと思っていても、無事に妊娠す

no image
男性不妊の診断方法

男性にも原因がある場合がある 「不妊治療」と聞くと、女性がつらいイメ

no image
妊娠が成立する5つの条件

妊娠には条件が必要 最近は、不妊症を克服するためにも不妊治療に励む方

no image
妊娠と不妊症について① 基本~妊娠の定義~

妊娠とは何か 新しい生命が生まれる時には、女性と男性が性行為によって

→もっと見る

PAGE TOP ↑