漢方薬と鍼灸を併用した不妊治療

不妊治療のために鍼灸や漢方を活用する

最近、不妊治療には鍼灸や漢方が役立つという知識が広まってきており、注目されるようになってきています。

実際に、埼玉県 不妊治療院で今まで病院で何年も色々な方法を駆使して不妊治療をしてきたという方も、漢方薬や鍼灸を併用してみたら、数か月後に妊娠したという方の声もあります。

即効性があり、比較的短期間でも妊娠を成立させる事ができるケースもあり、不妊症の方の間では噂が広がりつつあります。

絶対的に不妊には、鍼灸や漢方が役立つというわけではないので、個人差によっても、効果がある、ないなどはあるようですが、今回は、効果があるのは、鍼灸や漢方のどのような点が影響するかという点を中心に、ご説明していきます。

内臓の働きを良くしてくれる

鍼灸も漢方にも言える事ですが、内側から働きかけ、内臓の働きを良くしてくれます。漢方も鍼灸も、基本的に体内を温めてくれ、血行を促進してくれる作用があります。

血行が促進されますと、血液の流れもスムーズになっていき、内臓の働きも活発になります。これが不妊治療にもいいと言われているのです。

また、ホルモンバランスが正常でないと、なかなか妊娠しにくい面がありますが、鍼灸や漢方は、ホルモンバランスの働きも整えてくれる作用がありますので、その点からも不妊治療に効果があると期待できます。

自律神経を整えてくれる

近年では、原因不明の「自律神経失調症」の方が増えています。特に20代の若い人達に多く、これも妊娠が遅れたり不妊につながる要素となっています。

漢方や鍼灸には、自然治癒力などもあるので、藤沢市 不妊治療院でも体の乱れを正してくれる働きを高めていくことが大事だと考えており、そういった施術氏も多いのではないでしょうか。

妊娠に不利になってしまい自律神経の乱れも、漢方や鍼灸が改善してくれるという事もあるのです。


公開日:
最終更新日:2015/03/11

no image
女性不妊の診断方法

不妊治療が流行っている 赤ちゃんが欲しいと思っていても、無事に妊娠す

no image
男性不妊の診断方法

男性にも原因がある場合がある 「不妊治療」と聞くと、女性がつらいイメ

no image
妊娠が成立する5つの条件

妊娠には条件が必要 最近は、不妊症を克服するためにも不妊治療に励む方

no image
妊娠と不妊症について① 基本~妊娠の定義~

妊娠とは何か 新しい生命が生まれる時には、女性と男性が性行為によって

→もっと見る

PAGE TOP ↑